ご要望多数によりオンライン配信申し込みを復活しました!

自分自身、そして子どもや大切な家族の健康を守るために
いま、本当に必要な知恵と知識をお伝えします!


今年2月に開催され、大好評だった「保存食の伝統と化学」に続く

和ハーブアカデミーオープン講座第二弾!

ここ数年、これまで以上に農薬、食品添加物、遺伝子組み換え食品、昆虫食など・・

日本人の食の安全性が、足元から崩され、侵されている危機感を持っている方からの

不安を訴える声が多く聞かれます。

一方で、実際に生活していくうえで、すべてを避けて通ることは難しい現状であることも事実。

そんな難しい状況の中で、私たちが子どもや家族の健康を守るために、

どんな選択をしていけば良いのでしょうか?

この講座では、分かり易く面白い解説で定評があり、薬剤師や医師に食事・栄養指導を行うスペシャリスト、さらにロックフェラー在籍経験がある古谷暢基が、自然毒(植物など)と人工毒(石油など)の多方面の観点から解説いたします!

アーカイブ映像もあり、当日ご参加できない方だけでなく、復習にもしっかり使えます。

ご自身や大切なご家族の健康を守るために役立てていただけましたら幸いです。


どなたさまもお気軽にご参加ください!

さらに、今回ご要望をいただき、和ハーブアカデミーオープン講座『日本保存食の伝統と科学』のアーカイブ配信も復活です!


日本保存食について講師ならではの科学的かつ本質的な視点から徹底的に学べる講義で多くの方からアンコールの声をいただいた本講座。
「見逃しちゃったけど興味がある!」という方はこのお得な機会に2講座まとめてご受講ください!


※受付締め切り:2023年10月31日(火)
定員に達し次第締切となります。



保存食の伝統と科学


和ハーブアカデミー特別講座①『日本保存食の伝統と科学』

和ハーブアカデミー特別講座②『食と毒』~何が毒で、何が毒でないのか?~



★参加方法

講座は終了しました。配信のみ受付中です。

※会場参加の方を含む、お申込みいただいた方全員に
後日録画視聴用URLをお届けいたします。

※2023年12月末まで何度でもご覧いただけます。

<受講料

単発受講

一般:10,000円(税込)
和ハーブ協会正会員:8,800円(税込)



特別講座①・② お得なまとめて受講受付中
一般:20,000円→18,000円(税込)
和ハーブ協会正会員:17,600円→15,600円(税込)

講師プロフィール

古谷 暢基

神奈川県横浜市出身、鎌倉育ち。博士(医学)、(一社)ハーブ協会 理事長、国際補完医療大学(WHOおよびユニセフ指定学府I.O.U.C.M)日本校学長、日本ダイエット健康協会 代表理事、日本ルーシーダットン普及連盟 代表、日本入浴協会 理事。

2024年度から使用される新千円札紙幣の肖像に選ばれ、第1回ノーベル医学賞有力候補であり、‟近代日本医学の父“とよばれている「北里柴三郎」の血を引く。

「賢い健康市民づくり」を目指し、全国を飛び回り、日本人のための健康・美容・医療に関する“正しい知識と意識”の啓発に日々取り組んでいる。

ハーブコンセプトの創始者として、『和ハーブ図鑑』『和ハーブ にほんのたからもの』を著す。TV出演等多数。