【2月25日(土)】 和ハーブアカデミー・オープン講座『日本保存食の伝統と科学』 

これさえ知っていれば冷蔵庫も要らない!

『日本保存食の伝統と科学』

日本古来の知恵の真骨頂!
確実視される食糧危機に備えよ!

 

人類の歴史において、社会構造の確立も、文化の発展も、科学の追究も、そして侵略戦争ですら、

”安定した食の確保”がモチベーションのベースとなってきました。

すなわち、今も昔も人は“食べる”ことを追求してきたのです。

 

そして如何に食材を確保するか?と同じぐらい重要だったのが「食材の長期保存」。 

冷蔵庫も真空パックも無い時代に育まれた驚異的な食保存の知恵は、

まさに“トライブテクノロジー(民族の古くて新しいテクノロジー)”の代表といえます。

 

日本を始めとする世界の食文化や食品科学・栄養学に通じる講師が伝える、

大切な食の神髄。


何冊も本を読むよりこの講座だけで保存食のエッセンスのすべてが学べる、

大変お得な機会です!

どなたさまもお気軽にご参加ください!

 

 

【開催概要】

★日時
2023年2月25日(土)
13:00開始 17:00終了予定
 
★受講料
一般 10,000円(税込)
和ハーブ協会正会員 8,800円(税込)
※会場/当日オンライン ともに同額
 
★受講形式
当日会場受講
当日Zoomライブ配信
※お申し込みいただいた方全員に、後日アーカイブ映像をお送りいたします
(3/1以降を予定)
 
★講師
古谷 暢基
医学博士(補完代替医療)/和ハーブ協会理事長
 
詳細&お申し込みはこちら
 
 
今すぐお申し込みはこちら
 
 
年別アーカイブ