\ご案内/9月4日(日)忍者ハーブフォーラムを開催いたします!

 
忍者のイメージといえば、
”暗殺””手裏剣”“破壊工作”あるいは“派手なジャンプ力”などでしょうか。
しかし実際はその名の通り“忍び”であり、
野に山に里に潜みながら目立たないように
様々な使命を成し遂げる独特の知恵を持っていました。
 
忍者とはすなわち「自然科学の達人」だったのです。
 
彼らが使う薬、携帯食、武器から、
あらゆる日用品の中心素材は植物であり、
それは「忍者ハーブ」とも呼ぶべきものでした。
 
その“植物使い”は、日本の他のジャンルとは一線を画す、
驚きと意外性の連続です!
 
日本の植物フォークロア(民俗学)を追究する和ハーブ協会では、
忍者の専門家と組み、
数年に渡りこの忍者の植物の知恵を研究しています。
 
今回、この“秘伝”の一部を豪華講師陣にて、
皆様にお披露目いたします。
 
—————— 
■日程
9月4日(日)13:00-17:00
 
■場所
大阪市淀川区西中島3丁目9-13
 
 
■受講スタイル
・会場参加
・後日配信試聴(3ヶ月)
講座終了後一週間以内に動画をお送りします
 
■価格(税込)
◎早期割引※8月5日までのお支払完了
(振込、またはクレジット決済)
3,500円
◎通常申込※8月6日以降のご入金
(振込、またはクレジット決済)
3,800円
◎当日のご精算※現金お支払い
4,500円
お申し込み後、お手続きについてメールをお送りします
 
■講師
古谷 暢基
博士(医学)
(一社)和ハーブ協会代表理事
国際補完医療大学日本校代表理事
他、豪華講師陣
 
■主催
忍者ハーブ研究会
【共催】
一般社団法人和ハーブ協会
なにわ大阪和ハーブの会
■詳細&お申込みはこちら↓↓↓
■申込先
■問合先
なにわ大阪和ハーブの会 事務局
【E-mail】
waherb.naniwa.osaka@gmail.com
担当 秋山