NHKカルチャー 梅田教室講座ご案内

【教室】10/10和ハーブ
~忘れられた日本のたからもの~

 

講師(一社)和ハーブ協会代表理事 古谷 暢基

 

和ハーブとは、古来、日本人の生活と健康を支えてきた日本のハーブ(有用植物)のことです。日本では、衣、食、住をはじめ、薬のかわりなど、人はさまざまな植物と寄り添い利用して暮らしてきました。『和ハーブ』は古くて新しい、植物を利用した新しいライフスタイルの提案です。
衣食住、すべてにわたり日本人の暮らしを支えてきた植物の文化を、解かりやすく、より身近に感じていただき、日常生活の中でどんどん取り入れていただければと思います。
暮らしに寄り添う和ハーブを一緒に学びましょう。

この講座を生配信するオンライン講座も同時にあります。ご自宅での受講をご希望の方は、オンライン講座からお申し込み下さい。

 

受講申し込み オンライン受講申し込み

 

暮らしに活かす季節の和ハーブ

 

講師なにわ大阪和ハーブの会代表  秋山 花緒里

 

和ハーブ協会認定 和ハーブインストラクター

『和ハーブを暮らしに活かす』をテーマに、講演やイベント出店、講座、ワークショップを開催している。

和ハーブ協会の大阪支部として関西の植物文化、歴史を研究するとともに、守り伝えていくことを主軸に活動する。

季節に沿ったレッスンを通じて、和の伝統的な植物文化、植物療法を学びます。
和ハーブとは、古来よりこの国で人々の生活に寄り添い、役立てられてきた日本オリジナルのハーブのこと。ヨモギ、シソ、ビワ、ユズ、サンショウ、ミツバなど身近なものから、あまり知られていないものまで懐かしくて新しい”にほんのたからもの”を暮らしに取り入れてみませんか。

HPはこちら

受講申し込み

年別アーカイブ