本文へスキップ

伊豆で育つ日本古来からの香料植物を利用した商品群の開発・販売と地域振興

電話でのお問い合わせはTEL.03-6435-3863

〒106-0045 東京都港区麻布十番3-3-8麻布共和ビル4階

タチバナ(橘)とは

日本唯一の柑橘和ハーブで、ミカンやユズの先祖。そのさわやかな酸味と香りは、 不老不死の象徴。皇室和ハーブとしても有名だが、今や全国に500本といわれる絶滅危惧種で“オレンジのダイヤと言われている大変貴重な和ハーブです。
さらに詳しくは≪コチラをクリック≫
タチバナ(橘)の物語は≪コチラをクリック≫

タチバナ(橘)プロジェクトとは

伊豆戸田地域で育つ「タチバナ」等の香料植物(和ハーブ)を利用した、和ハーブティーや和ハーブ雑貨等の
製造・販売を行い、地域活性化・タチバナの繁栄に繋げるプロジェクトです。

Cooperation連 携

  • 戸田森林組合  (森林組合)

    安定生産および栽培・一次加工の管理ノウハウを確立し、香料植物=“和ハーブ”ブランドによる地域振興につなげる。
  • (株)ルーシーダットン (スポーツ・健康教授業)

    タチバナをはじめとした香料植物商品を開発し、流通整備と新規マーケット開拓によって、戸田地域の振興につなげる。
  • (独)中小企業基盤整備機構関東本部、西武信用金庫

    サポート機関等
  • 連携の経緯

    全国各地の香料植物「和ハーブ」を題材に地域振興を手掛けるなか、伊豆半島のタチバナの存在を認知し現地調査の希望を持っていた(株)ルーシーダットンと、日本の柑橘類の原種である「タチバナ」の原生林を保有・管理をしており、タチバナを活用した外部との有機的な連携による地域振興の突破口を、長年にわたり模索していた戸田森林組合との意向が合致し、連携に至った。
  • 連携に当たっての課題や工夫等

    (株)ルーシーダットンは香料植物の商品開発・販売ノウハウ、またメディアや大学(岐阜薬科)等との連携力を十分に活かしながら、和ハーブティーや和ハーブ雑貨等の魅力的な商品を開発・販売する。特にタチバナは、破棄される葉と枝を活かす「柑橘系の実以外の活用」という新たな試みを行う。戸田森林組合は、長年にわたるタチバナの栽培とその加工、および熟知している地域森林資源の活用と栽培管理を行う。

タチバナ(橘)プロジェクト 事務局橘プロジェクト事務局


〒106-0045
東京都港区麻布十番3-3-8 
麻布共和ビル4F
TEL 03-6435-3863
FAX 03-6435-3861