設立の趣旨およびコンセプト


和ハーブ協会(JHF:Japan Herb Federation)は、“日本人の美と健康と文化の源、日本由来の植物に目を向けていく”事を目的に、2009年10月に設立されました。
近来、様々な分野で、若年層を中心に、植物の分野への関心が広い階層に及んできました。 しかし、そこで扱われるものは外国産のものが主であり、日本由来の植物が隅に追いやられている現状があります。
元来「ハーブ」とはラテン語のHerba=草本植物が語源です。当協会では、
日本;和 + 有用植物=和ハーブ
というキーワードのもと、埋もれつつある日本人の植物文化にスポットを当てることを主眼に置いています。(「和ハーブ」「和ハーブ検定」は株式会社ルーシーダットン(和ハーブ協会運営事務局)の登録商標です。)
各地に伝わる和ハーブの伝統的活用法の掘り起こし・伝達と共に、他国文化の植物活用法と和ハーブの合体等、新たな切り口で、日本の将来を担う若年層、幼少の記憶が残る中高年層にも目を向けさせる、万人に魅力的な構成により、啓蒙を行います。
これによって、日本人本来の健康と美の再発見/正しい予防医学や健康知識への意識/自然に回帰した美容文化の重要性等を喚起します。同時に、地域特産物・商品の掘り起こし/農業の振興/新産業創出による雇用促進の実現なども視野に入れた、日本人の為の真の社会事業を実現します。


JHFの主な活動


●検定・資格事業の開催
●セミナー・スクール講師の養成事業 l セミナー・イベント・シンポジウム・スクール等の開催・運営 l 講演・講座への派遣事業
●和ハーブその他植物商品の開発・販売 l 和ハーブその他植物に関わる商品開発・販売のコンサルティング・審査・認証 l 和ハーブその他植物の調査・研究
●出版・メディア事業 l 地元植物(野菜・山菜・薬草・繊維・衣料等)を活用した地域興し l 健康関連団体・企業への情報提供・活動協力
●企業の福利厚生等への協力・情報提供 l 海外団体との交流
●会報誌の発行 l 国家機関・地方自治体・公共団体等への協力・情報提供


和ハーブ協会(JHF)の組織概要

<理事・役員等> ~2017年3月現在~

代表理事 古谷 暢基
㈶日本健康事業認定機構 理事長/日本ダイエット健康協会 理事)

理事 平川 美鶴

理事 藤田 絹美

理事 堀内 康代

理事 森岡 直子

理事 横山 桂子



最高顧問 水野 瑞夫(薬学博士/岐阜薬科大学 名誉教授)

顧問 降矢 英成(医師・医学博士/日本ホリスティック医学協会会長)

顧問 樋口 純一郎(樹木医/東南植物楽園 学芸部長)

顧問 君羅 満(農学博士/東京農業短期大学 准教授/管理栄養士 試験委員)

顧問 堀田 清(薬学博士/北海道医療大学 准教授)

顧問 稲葉 眞澄(NPO法人 日本ニーム協会 会長)

顧問 稲本 正(オークヴィレッジ株式会社/正プラス株式会社 代表取締役)

顧問 小峰 博生(ハタイクリニック アーユルヴェーダドクター)

顧問 下地 清吉(沖縄長生薬草本社 代表取締役)

顧問 小海 寿子(植物研究家)

顧問 渡具知 綾子(琉球伝統料理「名護曲」オーナー/沖縄神人;ユタ)

顧問 石上 七鞘(民俗学博士/松蔭大学 教育開発センター長)

顧問 林 鷹央((一社)生きもの認証推進協会 理事/Bioアナリスト)

顧問 桑鶴 博宣(環境カウンセラー/林業技師)


事務局

所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座4-11-7 第2上原ビル6F
TEL:03-6435-3863
Fax:03-6435-3861
Web http://wa-herb.com/
E-mail:info@wa-herb.com